フランスから親子が遊びに来てくれました

2019/04/01

春うららな里山でみんなで散歩したり ダゴ汁作ったり お餅ついたり 丸めたり おーシャンゼリーゼ〜と歌をうたったり わらべ歌したり 盛りだくさんな一日になりました。


この日は はるばるフランスから遊びに来てくれた親子が参加。

旅するブロガーさんで世界中のローカルエリアを旅して取材しているそうです。


言葉は全く伝わらないけど、草花や坂道、葉っぱや川遊びでうちとける子供達。

そもそも 2歳児3歳児さんは言葉は少なく 自然の中にいるとふんわり植物たちと同化してます。妖精のよう。そんな空気感がとっても好き。

いろんな植物の新芽が顔を出し 山はとてもいい匂いがします。

湧き水スポットです。

みんな水が大好き。

里山散策中に、水遊び。

葉っぱを流したり、中に入ったり。

滑り台

棚田ののり面がちょうどいい滑り台になりました。


ダゴ汁作り

レギュラーメンバーは、慣れた手つきで準備をします。

いろんな世代の子供達がいるので 自然に補い合います。

ダメ、危ない、は極力言わずに

子供達を信用して

母たちは、見守りつつ、自分の仕事をします。


慣れた手つきで、かまどに火をくべます


子どもの行動は、模倣が基本なので

意外と上手に何でもこなします。

子どもに、直して欲しいところって、自分を直すと自然に治るものです。


整体をお母さんに施して歪みをとると、子どもの歪みもとれるほどです。

例えば、私の場合、姿勢が悪く猫背になったり足を組んだりしています。

子どもたちの体を見てみると、同じように歪んでいます。

姿勢や歩き方は、成長期の子供たちの歯並びに影響し呼吸器や内蔵の発達にも影響を及ばします。

ついつい見逃してしまうものですが、

自分も意識して、背筋を伸ばしていたいと思います。

大分名物、ダゴ汁作り

ダゴは由布市庄内町の地粉をこねて丸め休ませたものを

グツグツと煮立つ 野菜たっぷりのお汁の中に

伸ばしながら入れます。お団子作りは楽しいですね。

大きなかまどに自分で入れます。

熱いので

気をつけながら

慎重に、そおっと、そおっと大鍋に入れます。



丸くなってランチタイム

手づくりのお味噌と阿蘇野のファットリアエルベのオーガニックなお野菜たっぷりです。

お餅をみんなで丸めます

おやつにいただきました

フランス語でプログラムを描いてくれました。

今日の赤ちゃん絵本は、フランス語も交えてしましたよ。

ボンジュール!オールボワール!