お茶の実 搾ろ パート1

2018/12/10

そら さむく 冬となる


寒くなって来ました、乾燥が気になる季節です。

田舎で暮らしていても、子育てしてても、お手入れには手を抜きたくないなぁと思う今日この頃です。

昔から コスメは、大好きでした。

近頃はナチュラル系と称して子供を産んでから子育てに没頭していたのですが

オーガニックなコスメ屋さんができたということで 行ってみたところ

オーガニックなのにカラフルでパッケージもかわいいコスメやスキンケアアイテムがずらりと並んでいて

大興奮!田舎にこもっている間に世の中変わっていたのですね。

リップやチーク、マスカラ、アイライナー、パウダーなどを揃え、ホクホクした気持ちで家路に着きました。


そして、スキンケアは、数年、お風呂上がりに肌が水気を含んでいるうちに、質のいいオイルを塗るだけ、というシンプルな方法だけですが

トラブルもなくとても調子が良く

オイルは、アルガンオイル、ホホバオイル、ひまわりオイルなどを取り寄せて使っていたのですが

昔の人は、お茶の実を絞って、肌や髪に塗っていた、という噂を聞いて

試してみたくなりました。

食べ物は、身土不二、周りにあるものでまかなえるようになってきたので、コスメも同様にできたら素敵だなと思います。

家の周りを歩いてみると 庭や生垣に、お茶の木が生えている事が判明し、椿の実もそこら中になっていました。

里山は宝の山です。


早速、ポケットいっぱい実を集め

絞ってみることにしました。

まず、殻を破って実を取り出します。

実を乾燥させて、SHIBOROこと油絞り機にかけて圧搾します。


さて油は絞れたでしょうか、続きは次回で。