森のようちえん つぶ

2018/11/09

先週は、秋晴れが続き、雲ひとつない青い空と、紅葉の赤橙黄のコントラストが、ハッとする美しさでした。

夜は、星空が言い表しようのないくらいの美しさで モーツアルトのきらきら星変奏曲の細かくてピコピコ速い部分が頭の中で流れます。



さて、先週のお話です。

午前中は 里山散歩して ファットリアエルベ のお野菜でクッキングして こどもがお味噌汁用の豆腐を切っていたら手でネチョネチョとコネ出して 米粉を入れてお団子にしました。メニューは団子入りお味噌汁とブロッコリー人参インゲンの蒸し野菜 春菊とレタスのサラダ。いつも即興料理になりますが、素晴らしいお野菜のおかげで 美味しく楽しい時間です。

そのあと 拾ったお茶の実であぶらしぼり。生のオイルの方が身体によかろうと、そのまま絞りましたが、ペースト状のものができただけで油は取れませんでした。次回はタネを煎ってからやってみようと思います。子どもたちも母も、この結果にはびっくりで、大笑い。

そのあとは 近所のおばあちゃんちで大豆の収穫、大納言の収穫。枝からサヤを外す作業。ポカポカ暖かい陽射しを背中に感じながら、昔の話に花が咲きました。こどもたちは豆を取った枝や剪定した木 枯れ草に火をつけて 燃やす。畑も綺麗になりました。

畑仕事は楽しくて楽しくて、家族に止められても、ついついやってしまうらしく、私たちもそんなおばあちゃんが大好きで お手伝いしたりお茶を飲んだり。おばあちゃんの遊び場は、そこにいるだけで楽しいです。

お茶の実