エディブルフォレストガーデンへの道

2018/05/06

雪が溶けて 小川が流れ 芽吹き 鳥が鳴き 花が咲いたと思ったら 新緑がきらきらと輝き 蝶や青虫、バッタやとんぼ、みつばちが新しい住みかを探し始め 田に水が張られ 田んぼで蛙が鳴いています。ホタルも飛んでいます。ここの里山に移住して2回目の夏を迎えようとしています。季節はめまぐるしく変化し、日々、その美しさに心奪われます。




お花とハーブと野菜と果樹が混在する庭

こちらは 春の様子。どんな植物がここに合うのか実験しながら植えています。

家の前にあるガーデンなので料理をしながら パッととりに行けるハーブや野菜を植えています

ご飯の前にレタスを収穫してサラダにしていただきます。ここは標高が高いので、いつでもレタスがよく採れます。

こどもの頃からレタスが嫌いな主人も、無農薬無肥料のレタスは「美味しい」とよく食べます。

苦みや雑味がなく後味がよくほのかに甘いのです。

置いておいても腐敗せず枯れた葉っぱのようになります。



鶏は雑草を食べ 土を耕してくれます。ミミズやイモムシ、カメムシもどんな虫もよく食べます。

草が畑に生い茂らず、通路ができるのがいいですね。

こどもたちは、鶏と遊ぶのが大好きです。