キュウリが実りました

2018/06/19

毎年、夏野菜としてキュウリを作っていますが、なかなかたくさん収穫するまでに至ったことがありませんでした。


これまでの問題点として、以下がありました。


・種まきから始めていた(温室無し)

・梅雨時に、雑草負けする


種まきから始めると、どうしても成長が遅くなってしまう為、その分だけ収穫開始が短くなってしまっていました。

さらに、大分に移住して利用可能な農地が広くなったので、雑草の勢力が強い梅雨時に、雑草引きに時間がたくさんとられてしまうのも、もったいないなと考えるようになりました。


無農薬で野菜を作っている何人かの友達が、「マルチを使って野菜作りしている」「苗は購入している」と聞いていたので、これまでの問題も解決するし、やはり、プロの真似から始めてみようと思いました。

マルチによる効果

実際マルチをすると、いいことだらけでした。


まず、予想外だったのが、野菜の成長がとても速いこと。

地温が上がることで、これほど、野菜の成長に差が出るとは思いもしませんでした。


雑草引きの手間も減っています。

「マルチをする作業に手間がかかり、マルチを剥がす作業にも手間がかかるので、雑草引きをする時間とあまり大差ない」という方もおりましたが、今の段階では、マルチを剥がす作業を経験していないので判断できませんが、『雑草引きの時間 > マルチ張る時間』 となっているような印象です。

最初の内は、キュウリの勢いをつけるため、キュウリの実は小さいうちに、もぎ取りました。

時期をずらして、別のキュウリの苗も植えました。

タイのキュウリも作っています

昨年末に、タイ旅行で手にいれたキュウリの種をまいたら、芽がでました。

こちらはタイのキュウリです。日本のものと比べると実の長さが大分短いです。そして香りがとても良いです。

ソムタムやサラダにしました。